株式会社オフィス303
オフィス303の“本づくり”
講談社火の鳥伝記文庫9 頭脳で大冒険 アインシュタイン

講談社 2017/10/18発行

 

アインシュタインは、大学卒業後、特許局で働きながら研究を続けます。「時間や空間がのびちぢみする」「光が重力で曲がる」など当時の常識をくつがえす「相対性理論」を打ちたて、科学の発展に大きく貢献しました。

戦争の時代に、科学をきわめ、音楽をかなで、平和をもとめたアインシュタインは、多くの人から愛されました。ところが、アインシュタインの研究がもとで、アメリカが原子爆弾の開発に成功。広島と長崎に投下されてしまいます……。

本書ではアインシュタインの特殊相対性理論の要点を、子ども向けにやさしく説明することにも挑戦しました。

 

■小学上級から
■定価:740円(税別)

■新書判 本文192ページ
■1色

■作者:岡田好惠

■イラスト:佐竹美保

光安知子(巻末人物伝)

■ブックデザイン:祖父江 慎+福島よし恵(コズフィッシュ)

■協力:岡村 浩(工学院大学名誉教授)

 

 

 

 

 
このページの先頭へ
COPYRIGHT 2008 (c) OFFICE303 INC. ALL RIGHTS RESERVED. PHOTOS: FUMITO SHIBASAKI / STYLING: SEIKO ITOH