株式会社オフィス303
オフィス303の“本づくり”
日本のインフラ4 情報のインフラ

ほるぷ出版 2017/3/20発行

小学校5年の社会科では、「情報化社会」について学びます。その情報化社会を支えているのが、情報を伝える媒体「メディア」と、情報を伝える仕組み「インフラ」です。『日本のインフラ』シリーズ第3巻『情報のインフラ』では、テレビ、インターネット、電話を取り上げます。「空からみる」は、地デジ、衛星放送、インターネットの広がりをマップで表現します。「タイムマシーン」では電信、無線などインフラの進化の歴史と、それにともなうメディアの発達について写真や図版で紹介します。「くわしくみる」では、電波塔や衛星放送、インターネットを支えるサーバーや海底ケーブル、携帯電話の基地局など、現在の施設・設備とそれを支える人々の姿を迫力ある写真とデータで伝えます。最後に「アクション」のページを設け、子どもたちが身近な情報メディア「新聞」を使って学習するNIEについても提案しています。

日本のインフラ1 水のインフラ
日本のインフラ2 交通のインフラ

日本のインフラ3 エネルギーのインフラ
日本のインフラ4 情報のインフラ


監修:伊藤 毅(東京大学教授)

■小学校中学年から
■定価:2800円(税別)
■A4変形 本文36ページ 全4巻
■4色+1色

 

 
このページの先頭へ
COPYRIGHT 2008 (c) OFFICE303 INC. ALL RIGHTS RESERVED. PHOTOS: FUMITO SHIBASAKI / STYLING: SEIKO ITOH