自然災害から人々を守る活動 全5巻

自然災害から人々を守る活動 全5巻

発行 廣済堂あかつき

発売 2020年3月30日

平成29年告示された小学校学習指導要領の社会科では、従来の防災教育に加え、「自然災害から人々を守る活動」について深く学習することが求められるようになりました。
このシリーズでは、自然災害への備えを進める5つの自治体を取材。地震災害については静岡市、津波災害については陸前高田市、風水害については広島市、火山災害については壮瞥町・伊達市、雪害については大月市を取材し、地域の人々の活きた言葉と、さまざまな活動をする様子を収めた写真を掲載しています。
いずれの自治体も過去の大きな災害から教訓を得て、自治体を中心に、気象台、自治会、社会福祉協議会、消防団、地元企業、NPO、小中学校などが連携して、自然災害への備えを進めていました。
また各巻、過去の大災害の歴史、小中学生が覚えておくべき災害時の行動、防災学習のプラン、またそれらに対応したワークシートを掲載しています。

1巻 地震災害
2巻 津波災害
3巻 風水害
4巻 火山災害
5巻 雪害


定価:15,000円(税別)

Amazonで買う

4色+1色
判型A4
本文36ページ×5冊

■監修:片田敏孝

■編集:オフィス303、石川実恵子

■装丁・本文デザイン:倉科明敏(T.デザイン室)

■イラスト:山本正児

■撮影:水落直紀、豊川しおり、姫宮亜季、涌井真里江、平井伸造

■執筆:石川実恵子、山本美佳、豊川しおり、山崎風雅、姫宮亜季