脳トレ・介護予防に役立つさがし絵パズル 思い出の仕事編

脳トレ・介護予防に役立つさがし絵パズル 思い出の仕事編

発行 世界文化社

発売 2019年2月5日

「さがし絵」は、大きなイラストの中から「さがすもの」と同じイラストを見つけるパズルです。さがすためには、絵を記憶する必要があります。この「一時的に記憶しながら作業をする」という力は“ワーキングメモリ(作業記憶)”といわれる機能です。この機能は、残念ながら日々使わないと衰えてしまいます。そこで活用してほしいのが本書。「さがすもの」を記憶しながら楽しくパズルに取り組むことで、自然にワーキングメモリが鍛えられ、脳トレになります。さがし絵パズルシリーズ『全国都道府県の旅編』『なつかしい昭和の暮らし編』『季節を感じる行事編』『なつかしい昭和の遊び編』に続く第5弾です。


定価:1,080円(税込)

Amazonで買う

対象
ページ数68ページ
判型A4判

監修:篠原菊紀

パズル作成:
今井雅巳
柴田亜樹子
中村知史
ネコポンギポンギ
フジサワミカ
藤原ヒロコ
若泉さな絵
表紙デザイン:村沢尚美(NAOMI DESIGN AGENCY)
本文デザイン:オフィス303